若草幼稚園(東京都大田区)

» プログラム製作若草幼稚園(東京都大田区)

ダイアリー

プログラム製作

今日は「おたのしみ会」に向けてプログラムを作りました。

年中組は、冬という季節をイメージした表紙を作りました。008

帽子と顔は子ども達が画用紙を切り、帽子には好きな色の毛糸を貼り、顔は自分の顔を描きました。

毛糸は皆同じ長さの毛糸を渡し、そのままの長さで好きな形を作る子と、細かく切って貼る子など個性豊かな作品になりました。

また、裏側には初めて自分の名前を書いてみました。まずは自由画帳に描いて練習をし、挑戦をしました。

スムーズに書き始める子や、一生懸命に自分の名札や名前が描いてあるものを見てまねをする子など、様々な様子が見られました。

けれども全員が名前を書き終わり、プログラムを完成させると、「早くお母さんに見せてあげたい」「お楽しみ会はいつなの?」などと、嬉しそうな顔をしながら、「おたのしみ会」に向けてやる気いっぱいな様子でした。

また園庭ではツリーハウスで元気いっぱい遊ぶ子ども達。

年中組の子ども達は、年少組だった頃に比べて、ダイナミックに遊ぶようになってきています。

ツリーハウスの横にある手すり棒を上手く登り、時には途中で止まって周りを見回したりとほとんどの子が登れるようになりました。

001

002

ジャンプ台では、勇気を出してジャンプをする子が増えてきました。初めは恐そうに下を覗いていた子も、少しずつ飛ぶ子が増えてきました。

中には、「こうやって飛ぶんだよ」と教えてあげる子もいました。

003

004

友だちと一緒に遊ぶ中で、時には友だちに勇気付けられ飛んでみたり、時には友だちのお手本になったりと、子ども同士が支えあって成長をしている姿が見られました。