若草幼稚園(東京都大田区)

» 年長組のお泊り保育若草幼稚園(東京都大田区)

ストーリー

年長組のお泊り保育

日付は変わってしまいましたが・・・・

7月14日年長組お泊り保育の始まりです。

登園時の子ども達は、ドキドキワクワクしている様子でした。

保育室に入ると、若草王国からの招待状が届いていました・・・・。

・・・という設定の下、若草幼稚園に、若草王国の女王や妖精たちが出てきます。

この国での合言葉は「ガンバ、ガンバ、オー!!」

寂しくなったり、元気のない時にこの言葉を言うと、不思議と元気が出るという魔法の言葉なのです。

「うそだよ~。先生たちだよ~。」と毎年お泊り保育で聞く子ども達の言葉ですが、

信じないと効き目のない言葉になってしまう事を伝えると「信じるよ~。」とかわいい子ども達でした。

 カレーを作っている時に、ある女の子が

「私、信じてるんだ。なんだか今、夢のような中にいるような楽しい気分♥」と言っていたり

「あーあ、もう若草王国でてこないのかな~。」という男の子もいて

なんともロマンチックで可愛らしい言葉も聞かれました。

時にさみしくなって泣いてしまう子もいましたが、不思議と若草王国の女王や妖精たちが出てくると

テンションが上がる子ども達でした。

 木工をしたり、フィンガーペインティング、ロケット製作等をした時には

子ども達の素敵な創造力に驚いたりしました。

 飯盒でご飯を炊いたり、カレーやサラダを作った時には

火をおこせたことに感動したり、「ドラム缶でこんなこと、できるんだ。」と言う子もいて、

色々な気づきをしていました。

飯盒でつくったご飯、ガスの火でないカレーは毎年格別においしいような気がします。

 残念ながら途中、雨が降ってきて夕飯は外で食べられなかったり

キャンプファイヤーもできなかったりしましたが、

子ども達が楽しいひとときを過ごす事ができるようにと、園内でも沢山楽しみました。

今、可愛い子ども達は夢の中・・・。

このお泊り保育を終える頃には心も体も成長していることと思います。