若草幼稚園(東京都大田区)

» 年少中組のお楽しみ会が終わって若草幼稚園(東京都大田区)

ストーリー

年少中組のお楽しみ会が終わって

若草幼稚園の大イベント、年少中組のお楽しみ会が終わりました。

子ども達は劇を通して、一回りも二回りも大きく成長しました。

 

劇は本来、ごっこ遊び等の遊びから生まれ、ままごとにも

お父様役、お母様役があるように、役になりきって演じる楽しさを味わうことができます。

子ども達はやり遂げることで、楽しさを沢山感じ取ってくれたのではないかと思います。

 

年少組は毎日の絵本の読み聞かせの中から

自分達のやりたい絵本を選び、やりたい役を毎回演じながら、楽しく演じる事ができました。

毎回試行錯誤しながら、子ども達と保育者で話し合いながら、お話しになっていきました。

子ども達とともに作りあげる、これが若草の劇です。

そのなかで、自分達で考え行動できるようになっていきました。

唯一年少組だけ行う円形劇場はお客様と一体となって劇を作りあげる事ができます。

当日は保護者の方も関わって頂き、子ども達も大変喜んでいました。年少さんよく頑張りました。

一番可愛らしい劇のはなんといっても年少組です。

 

年中組は本番当日まで自分達で同じ役の友だちと関わり合いながら、演じます。

「この役は、どんな役だろう?」と役になりきる楽しさも味わいながら演じていました。

年少では自分の役のことで精一杯ですが、年中になると他の友だちを思いやったり助けてあげる優しさ

も生まれます。

時には、友だちと関わる中での衝突も生まれますが、劇を行っていく中で、どのように

友だちと関わっていったらよいのかを学んでいきます。そこが年中ならではの劇での成長です。

本番の日は、子ども達の張り切る笑顔がとても素敵でした。

 

DSC_0130

 

 

DSC_0139

 

 

 

DSC_0128

そして、あと3日で、年長の劇あそび本番です。

合奏や歌も披露するために、練習の真最中・・・・。

子ども達もウキウキワクワクしています。